チャレンジトーナメント

2020年11月14日(土)
後期チャレンジトーナメント 対 関西大学

  10
関西大学
立命館大学

立命)福田桃、高木、高塚●ー星子
関大)茶谷、鷲尾、若林、古西○ー有馬

2回表、先発福田(2・三重)が連続適時打を打たれ2点の先制を許す。
3回裏、四死球が重なり得点圏にランナーを置き、大崎(1・報徳学園)の適時二塁打で1点を返す。
試合が動かないまま9回、先頭の宮崎(2・創志学園)が四球で出塁。犠打でチャンスを作ると、白瀧(2・履正社)が適時打を放ち土壇場で同点に追いつく。
しかし、延長10回、ここまで抑えてきた高塚(2・立命館慶祥)が本塁打を浴び、勝ち越される。
その裏、反撃したいところだが、三者凡退で得点を奪うことが出来ず、後期チャレンジトーナメントは準優勝に終わる。

9回一時同点となるタイムリーを放った白瀧(2・履正社)

2020年11月3日(火)
後期チャレンジトーナメント 対 京都大学

 
京都大学
立命館大学 ×

京大)牧野、水口、手塚●、青木健、今井、水江ー梶川
立命)高木、森山翔、福田昴○、橘井ー森本樹、星子

初回、先発の高木(1・立命館宇治)が四球と安打でピンチを招くもここを最小失点で切り抜けると、その後は安定した投球で5回1失点の好投をみせる。
5回、義村(2・立命館)が相手の失策で出塁すると、続く西村(1・高知)が安打で繋ぎ、古瀧(1・中京大中京)の適時打で同点に追いつく。
6回、一死満塁でマウンドに上がった福田晃(1・立命館守山)が完璧なリリーフを見せ、このピンチを乗り切る。
その裏、大崎(1・報徳学園)の安打と広田(2・立命館)、白瀧(2・履正社)の連続四球で満塁のチャンスを作ると、義村(2・立命館)が押し出しとなる死球を受け勝ち越しに成功する。さらに相手の失策でもう1点を追加し、この回2点を取る。
7回に1点を返されるも、その裏に代打藤井(1・立命館)の適時三塁打で再び2点差とする。
8回にも相手の失策で2点を追加、6-2で勝利を収め見事決勝へと駒を進めた。

公式戦初登板で5回1失点と試合を作った高木(1・立命館宇治)

2020年11月1日(日)
後期チャレンジトーナメント 対 同志社大学

 
立命館大学
同志社大学

立命)荒張、千坂、三石、福田、西成、高塚○ー星子、森本樹
同大)真野、齋藤、黒田、秋久●、蕪城ー杉森

3回、広田(2・立命館)が左前安打で出塁し二盗を決めると、相手のエラーで先制する。しかしその裏、本塁打を浴び、すぐさま同点に追いつかれる。
両者一歩も譲らない試合展開が続き、同点で迎えた8回、広田が二塁打で出塁、三盗を成功させ、好機を作ると、またも相手チームのエラーで1点を追加し均衡を破った。
その後、7回途中から登板した高塚(2・立命館慶祥)が相手打線をピシャリと封じ込むパーフェクトピッチングを見せ、見事勝利を飾った。

2回1/3、5奪三振の完璧なピッチングをみせた高塚(2・立命館慶祥)

2019年度チャレンジリーグの試合結果はこちら