チャレンジリーグ

2019年9月28日(土)
後期チャレンジリーグ 対 関西大学

  R H E
関西大学  
立命館大学  

※大会規定により8回コールドゲーム

関)香川、巻○、定本ー谷元
立)西成●、秋山、高井、塚原、国居、多田ー今村、藤原


1回裏、2番寺田(2・立命館宇治)が右前打で出塁するも後続を断たれ無得点。
2回表、安打や四球に加えて暴投も重なり3点を先制される。
3回裏、先頭佐々木(1・神戸国際大附)が右前打を放つも打線が振るわず、この回も3人で攻撃が終わってしまう。
2番手で登板した秋山(1・愛工大名電)が5回表、満塁のピンチを招くが三振に抑えて切り抜け、3イニング無失点の好投を見せた。ここでなんとか流れを引き寄せたいところだが、相手投手を前になかなか塁に出ることができない。
7回表、先頭打者の出塁を許すと、左適時二塁打が飛び出し、1点を奪われる。
8回表、この回投手3人を費すも、合わせて4つの四球を与えてしまい、さらに3点を失う。
ここまで散発2安打に封じ込められ三塁すら踏めていない立命打線は、このままでは終われないと、先頭の4番岡田(2・倉敷商業)がチーム5イニングぶりとなる安打で出塁するが、続く打者が併殺打でチャンスを作れない。
結局、関大の完璧な3投手リレーから1点も取ることが出来ず、大会規定により0-7でコールド負けとなった。

2番手で登板し3イニング無失点の秋山(1・愛工大名電)

2019年9月23日(月)
後期チャレンジリーグ 対 同志社大学

  R H E
同志社大学 10 18
立命館大学 17

同)東山○、小倉、栗田ー星加
立)塚原●、高井、秋山ー藤原、今村


1回表、安打や四球などで1点を先制される。
2回表、本塁打を打たれるなどさらに5失点をしてしまう。
3回裏、4番5番の連続四球でチャンスを作り、7番佐々木(1・富山東)の右適時打で1点を返す。
5回裏、この回先頭の森山(2・立命館宇治)が左安打で出塁すると、2番中野(1・神戸国際大附)も右安打と続き、一死一二塁で3番井上光(1・立命館宇治)がレフトへ公式戦初本塁打を放ち3点を追加し、相手チームに2点差と迫る。
しかし6回表、5回表に三者連続三振と好投を見せた秋山(1・愛工大名電)が同志社打線に捕まり、3失点をしてしまい、再び点差が開く展開になる。
反撃をしたい7回裏、4番長谷川(2・立命館宇治)からライトへの本塁打が飛び出し、1点を返すことに成功する。
8回裏、二死から井上光(1・立命館宇治)が内野安打で出塁、続く打者も二者連続の四球で満塁にすると6番岡田の右適時打で2点を入れる。
9回表、安打と四球が重なりまたもや点数を与えてしまう。
9回裏、二死から四者連続で安打が放たれ1点を返すが、反撃が及ばず10-8の乱打戦に打ち負けた。

公式戦初本塁打を放った井上光(1・立命館宇治)

2019年9月14日(土)
後期チャレンジリーグ 対 京都大学

  R H E
京都大学      
立命館大学       11 10

※大会規定により6回コールドゲーム

京)村尾●、水口、手塚ー梶川
立)秋山○、高井、高塚ー市原、藤原

1回裏、先頭が四球で出塁し盗塁成功で得点圏に走者を置くと、3番井上光(1・立命館宇治)が右前適時三塁打を放ち幸先よく1点を先制する。その後も打者一巡の猛攻で打線が繋がり、初回から6点を奪う。
2回裏、2番長谷川(2・立命館宇治)が本塁打を放ち1点を追加する。3番4番で無死一三塁の好機を作ると、5番琉(2・明豊)の犠飛で追加点が入り8対0とリードをさらに広げる。
4回裏、3番井上光、代打神先(1・智辯和歌山)が出塁し暴投の間に二三塁へ進むと、続く琉も四球で無死満塁となり、代打平戸(2・立命館)の併殺崩れで1点を追加する。
5回表、京大打線が繋がり1点を返される。
6回裏、先頭神先、続く大住(1・立命館宇治)、平戸が三者連続の四球で出塁し無死満塁となり、途中出場の佐々木(1・富山東)も四球で、押し出しの1点を追加する。8番藤原(2・立命館宇治)の犠飛でさらに1点を入れ、大会規定により11対Ⅰで6回コールド勝ちを収め、後期チャレンジリーグ初戦を勝利で飾った。

ソロ本塁打を放ち立命打線を牽引した長谷川(2・長谷川)

2019年9月5日(木)
後期チャレンジリーグ 対 関西大学

  R H E
立命館大学          
関西大学          

※雷雨により4回ノーゲーム

立)塚原、高井ー藤原
関)辰己、鷲尾、宮崎ー谷元

1回表、3番中野(1・神戸国際大附)、4番琉(2・明豊)が四球で出塁し走者一二塁とし続く5番井上光(1・立命館宇治)が右中間へ適時三塁打を放ち2点を先制した。
そのまま関大打線を抑え2対0でリードしていたが、雷雨により4回ノーゲームとなった。

先制適時三塁打を放った井上光(1・立命館宇治)

2019年6月28日(金)
前期チャレンジリーグ 対 近畿大学

  R H E
近畿大学     10 13
立命館大学    

※7回大会規定によりコールドゲーム

近)古川、小寺○、齋藤、森本ー保坂
立)塚原●、高井、福田、秋山ー島谷

1回表、四球や相手の安打などで1点を先制されてしまう。
1回裏、3番石田(2・履正社)が二塁打、4番白瀧(1・履正社)も安打を放ち好機を作るも無得点に終わる。
4回表、近大打線に捕まり、連続安打や本塁打を許し一気に7点をを奪われてしまう。
4回裏、2番宮崎竜(1・創志学園)、3番石田が連続四球で出塁し一二塁とすると、続く4番白瀧が適時二塁打を放ち、1点を奪取。さらに5番井上光(1・立命館宇治)の犠飛で計2点を奪い取ることに成功。
しかし5回表、四球や安打でさらに1点を追加され、その後点差を縮める事ができずそのまま7回大会規定によりコールドで試合終了。
大一番で勝利を飾ることができず、優勝を逃す結果となってしまった。

3打数3安打1打点の活躍をみせた白瀧(1・履正社)

2019年6月22日(土)
前期チャレンジリーグ 対 関西大学

  R H E
関西大学
立命館大学 ×

関)巻●、定本、清水、作元ー谷元
立)塚原○、福田、秋山ー島谷

4回裏、二死から7番藤原(2・立命館宇治)が左前打を放ち盗塁成功で好機を作る。
続く8番島谷(2・福井工大福井)が四球で出塁すると9番井上光(1・立命館宇治)が右前適時三塁打で3点を先制する。
6回表、先発塚原(2・創成館)が四球と安打で1点を奪われる。
7回表、2番宮崎竜(1・創志学園)が公式戦第1号となる本塁打を放ち1点を追加する。
8回表、またも二死から9番井上光の安打と盗塁で好機を作ると続く1番山口乃(2・天理)が四球で出塁、2番宮崎竜が適時三塁打を放ち、2点を追加し、このまま九回も無失点に抑え、関大に快勝した。

ソロ本塁打を含む3安打猛打賞の宮崎竜(1・創志学園)

2019年6月19日(水)
前期チャレンジリーグ 対 京都大学

  R H E
立命館大学
京都大学

立)秋山○、福田、高井ー島谷
京)岩本、岡本凌●、徳田、池田ー北口、鈴木

1回表、先頭の山口乃(2・天理)が中前打で出塁し矢部(2・豊川)が犠打を決めると、相手の暴投で1点を先制する。
2、3、5回はランナーを出すも後続が続かず1-0の状態が続くが、5回裏に3連打を浴び1-3と逆転されてしまう。
6回表、5番琉(2・明豊)の安打から無死満塁の好機を作ると、8番島谷(2・福井工大福井)、山口乃、石田が適時打を放ち、逆転に成功する。
7回表には一死二塁から代打宮崎竜(1・創志学園)の左中間への三塁打などで2点を追加、8回には疑投で1点を追加し、最終的に9-3で勝利を飾った。
投げては先発の秋山(1・愛工大名電)は5回3失点で勝ち投手となった。6回からは福田(1・三重)、8回からは高井(2・龍谷大平安)がどちらも無失点に抑え勝利し、優勝への望みを繋いだ。

6打数4安打の山口乃(2・天理)

2019年6月2日(日)
前期チャレンジリーグ 対 同志社大学

  R H E
立命館大学
同志社大学

立)塚原○、福田ー島谷
同)安藤●、金子、佐藤、遠藤ー長谷川、加藤

1回表、2番矢部(2・豊川)が四球で出塁するが盗塁失敗で好機を広げることができず無得点。
3回表、先頭島谷(2・福井工大福井)からチーム初安打が出るも後が続かず無得点で終わる。
4回表、3番中野(1・神戸国際大附)が四球で出塁し盗塁成功で得点圏に走者を置き、5番石田(2・履正社)の適時打で1点先制する。
7回表、先頭宮本(2・京都外大西)が四球で出塁し代走高山(2・立命館)が盗塁を試みるもアウトになり好機を作ることができなかったが、続く9番島谷も四球で出塁し1番山口乃(2・天理)の遊ゴロの間に二塁に進塁し再び好機を作るも、もう1本が出ず追加点ならず。
9回表、6番岡田(2・倉敷商業)が右前打で出塁するも、代走井上光(1・立命館宇治)が挟殺され、続く7番白瀧(1・履正社)も右前打で出塁するが、8番三浦(2・立命館)が併殺崩れで二死一塁となる。その後、二者連続四球で二死満塁となり、2番矢部が走者一掃の適時三塁打を放ち3点を追加する。
投げては先発塚原(2・創成館)が7回無失点の好投をみせ、継投した福田(1・三重)も2回無失点で見事完封勝利を収めた。

9回適時三塁打を放った矢部(2・豊川)

2019年5月3日(金)
前期チャレンジリーグ 対 関西学院大学

  R H E
立命館大学  
関西学院大学   12 11

※8回コールドゲーム

立)塚原、秋山、高井●、多田、榊原渉ー島谷
学)別府、島部、苅部○、吉峰ー柘植

1回表、相手投手の乱れから二死一三塁とし、5番井上光(1・立命館宇治)の左前打で1点先制する。
3回表、4番白瀧(1・履正社)の中前打を足がかりに一死満塁とし、三浦(2・立命館)の遊ゴロの間に1点を追加する。
4回表、先頭の石田(2・履正社)が本塁打を放つと、5回表には暴投と宮本(2・京都外大西)の内野安打で2点を加えた。
投げては、先発の塚原(2・創成館)は毎回三振を奪う投球で3回を無失点に抑える!しかし、2番手以降の投手が打ち込まれ、無念のコールド負けとなってしまった。

ソロ本塁打を放つ石田(2・履正社)