チャレンジリーグ

2023年11月12日(日)
後期チャレンジリーグ 対 同志社大学 

  R H E
立命館大学 0 0 2 4 2 1 0 9 9 2
同志社大学 0 0 0 0 1 6 0


立)浅野太○、畑、池田-西野、長谷川
同)本田●、田中、佐藤、岡、田野-長尾、佐野、坂

ただいま負けなしの立命館。
前3試合全てで先制点を獲得している打線は今回も好機を逃さなかった。3回、先頭打者の#西野啓也(1・#高知)が安打を放つと、すぐさま盗塁を決める。続くのは今期主将の#川本大雅(2・#福岡城東)。見事に左中間への本塁打を放ち、2点を先制した。
そこから勢いづき、4回にも#植村博斗(2・#立命館宇治)、#藤本皓成(2・#立命館宇治)、#野寺快(2・#立命館宇治)の適時打で一挙4点を獲得する。
先発の#浅野太聖(2・#金津)も無失点で相手打線を抑え、8点のリードを保ったままマウンドを2番手に託した。
打線の勢いは衰えることなく、6回には4番の#三木勇人(2・#神港学園)が9点目となる適時打を放ち勝利を決定づけた。
最終戦の相手は、こちらも負けなしの関西学院大学、勝った方が優勝となる直接対決となる。4季ぶりのチャレンジリーグ優勝を掴むため、総力戦で勝ちに挑む。

 

2023年10月8日(日)
後期チャレンジリーグ 対 近畿大学 

  8 9 R H E
近畿大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
立命館大学 0 0 1 0 0 × 1 3 0


近)松野-伊藤
立)有馬、浅野太-西野

均衡が破られたのは3回。
先頭打者の#大西温太(1・#立命館守山)が安打で出塁し、#藤本皓成(2・#立命館宇治)が犠打で塁を進めチャンスを作る。
すると続く#丸岡優太(1・#報徳学園)が期待に応える適時打を放ち、待望の先制点を獲得した。 
緊迫した投手戦が続いた中で、好守が光った。二遊間を担う藤本皓成と#福井一颯(1・#岐阜第一)が打球を2度併殺に仕留め、ランナーの進塁を許さなかった。
投げては先発の#有馬伽久(1・#愛工大名電)が6回を2安打7奪三振と圧巻の投球をみせた。継投した#浅野太聖(2・#金津)も3回1安打5奪三振で完璧に締め、近大打線に3塁を踏ませることなく封じ込めた。
見事3勝目を獲得した立命館。勢いのまま全勝優勝を目指す。

 

2023年10月7日(土)
後期チャレンジリーグ 対 京都大学 

  8 9 R H E
京都大学 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 2
立命館大学 1 0 2 0 × 3 8 0


京)永田、松尾、中野、米倉-松本
立)和田、田村、稼勢、池田-西野

前半の山場、2連戦に挑む立命館。
初回、2アウトから#星野大和(1・#立命館宇治)が安打で出塁すると相手のエラーも絡み一気に3塁へ到達、一・三塁のチャンスを作ると打席には#植村博斗(2・#立命館宇治)。見事先制タイムリーを放ち、1点を獲得する。
その後はお互いにランナーを出すも無失点に抑え、スコアボードには0が並ぶ。
試合が動いたのは6回。好投していた#田村颯盛(2・#國學院久我山)の制球が乱れ、追いつかれてしまう。
追加点を狙う打線は7回、一死一・三塁の好機で先制打を放った植村がまたもや犠飛を放ち、勝ち越しに成功する。尚も二死一塁、続く#野寺快(2・#立命館宇治)がタイムリー二塁打を放ち、貴重な追加点を挙げた。
最終回、二死一・二塁のピンチを迎えるも#池田正宗(2・#立命館)が打ち取り、2連勝で明日の近大戦へ挑む。

 

2023年9月30日(土)
後期チャレンジリーグ 対 関西大学 

  R H E
立命館大学 2 5 0 1 3 11 13 1
関西大学 1 1 3 4

立)畑、稼勢、浅野太、小野-西野、長谷川
関)松本優、米沢、服部-髙垣

投打が噛み合う幸先の良いスタートとなった。
初回から#福井一颯(1・#岐阜第一)の安打にエラーが絡みそのままホームに生還、2点を先制する。
続く2回も#藤本皓成 (2・#立命館宇治 )の好走塁や福井、#野寺快(2・#立命館宇治)の連打が一挙5点を獲得するビッグイニングを作った。
勢いに乗った打線は4回にも#星野大和(1・#立命館宇治)のランニングホームランで1点を追加する。
そして絶好調の打線の裏では#畑昌輝(2・#立命館)が4回を被安打1の1失点に抑え先発としての仕事を果たし、#稼勢卓也(2・#初芝立命館)、#浅野太聖(2・#金津)、#小野遼河(2・#大分上野丘)が無失点で後を繋いだ。
7回には#岩間倫太朗(1・#立命館宇治)らの5連打で3点を獲得、勝利を決定づけた。
初戦を快勝で収めた立命館。勢いを止めぬまま来週の2連戦へと進む。

 

2023年6月30日(金)
前期チャレンジリーグ 対 同志社大学 

  R H E
立命館大学 10
同志社大学

立)浅野太○、石倉、小野-野村恭、西野
同)橋本裕●、岡、佐藤悠、北尻、本田-長尾

チャレンジリーグ最終戦を有終の美で締めくくりたい立命館。
初回先頭打者#岩間倫太朗(1・#立命館宇治)がヒットで出塁、#花園悠真(2・#立命館守山)も続くなどして一死満塁のチャンスを作ると、#長谷杏樹(2・#神村学園)が走者一掃タイムリースリーベースを放ち3点を先制、一気に流れを引き寄せる。3回にも連打と#角井翔一朗(2・#智辯和歌山)のタイムリーツーベースで4点を追加する。勢いは止まらず4回、この日絶好調の長谷、#三木勇人(2・#神港学園)らのタイムリーでダメ押しの3点を獲得し、勝利を決定づけた。
投げては先発の#浅野太聖 (2・#金津 )が2回に2点を取られたものの、その後は無失点で繋ぎ味方打線の勢いを後押しした。

なお、本日をもって前期チャレンジリーグ全日程が終了いたしました。
球場に足を運んでくださった方、画面の向こうから観てくださっていた方、たくさんの応援ありがとうございました。
秋の後期チャレンジリーグも応援のほどよろしくお願いいたします!

4打数3安打6打点の大活躍、絶好調の長谷(2・神村学園)。

2023年6月24日(土)
前期チャレンジリーグ 対 関西大学 

  R H E
立命館大学
関西大学 × 10

立)小野、浅野太、遠藤●、石倉-西野
関)米沢○、中原-笠井、小村

初回、連打を浴び2点を先制される。すぐに反撃に動いた立命は2回、先頭打者#長谷杏樹(2・#神村学園)の安打、後続も四球を選び一死満塁とする。打席に回った#岩間倫太朗(1・#立命館宇治)も四球を選び、押し出し四球で1点を返す。
その後先発の#小野遼河(2・#大分上野丘)、#浅野太聖(2・#金津)が無失点に抑える投手戦が続き、スコアボードに0が並ぶ。
点数が動いたのは8回。相手のミスも絡み一死三塁の好機が作られ、打席には長谷。見事この日猛打賞となる適時二塁打を放ち、同点に追いつく。
しかしその裏にまたもや痛恨の連打を浴び2点を失い、勝ち越されてしまう。
なんとか反撃したい立命は二死から#髙杉雄大(2・#龍谷大平安)が安打で出塁するも、得点には結びつかず。手痛い敗戦となった。

猛打賞一打点の活躍でチームをけん引した長谷(2・神村学園)。

2023年6月4日(日)
前期チャレンジリーグ 対 関西学院大学 

  R H E
立命館大学 10
関西学院大学 10

立)浅野太、田村、有馬、小野-長谷川、西野、小山
学)岡、廣田-畠山

打線は初回から活発に動いた。
先頭打者の#岩間倫太朗(1・#立命館宇治)が二塁打を放ち、チャンスメイクに成功する。その後ヒットが生まれるも、クロスプレーの末に得点とはならない。
その裏、連打を浴び3点を先制されてしまう。流れを止められず3回までに0-6と大きくリードされる展開に。
しかし、このままでは終わらなかった。
4回、先頭の#植村博斗(2・#立命館宇治)が三塁打を放ち、一気に流れを引き寄せる。そして続いたのは#三木勇人(2・#神港学園)。周りの期待に完璧に応える2点本塁打を放り込み、反撃の狼煙をあげた。その後#小山翼(2・#初芝立命館)も二塁打を放ち、相手の隙をつく走塁で生還、この回3点を返した。
勢いを止めず5回にも、#角井翔一朗(2・#智辯和歌山)の安打、小山の適時打で2点差に詰め寄る。
継投し4回から登板した#有馬伽久(1・#愛工大名電)も無失点の好投を続け、チームを盛り立てる。
そして7回、二死走者なしの場面で迎えた打者、三木の打球はまたもやバックスクリーンに突き刺さる見事な本塁打になり、5点目を獲得する。
1点差で迎えた8回、一死から#丸岡優太(1・#報徳学園)が四球で出塁、盗塁を決める。そして続く岩間が猛打賞となる適時二塁打を放ち、6点差から同点へ追いつくことに成功した。
9回はあと一歩及ばず無得点に終わり、サヨナラを阻止したい最終回の守り。一死二.三塁のピンチの場面を迎えたがその後を#小野遼河(2・#大分上野丘)が打ち取り、大会規定による引き分けとなった。

この日2本ものホームランを放ち、勝負強さをみせつけた三木(2・神港学園)。

2023年5月5日(日)
前期チャレンジリーグ 対 近畿大学 

  R H E
立命館大学
近畿大学 ×

立)芝本、吉田光●、小野、和田、浅野太-加藤
近)山田○、松﨑、杉村、森-山﨑

連勝を目指す立命館大学の打線は5回に動いた。それまで塁に出るもあと1本が出ず、5点リードを許す展開で迎えた5回表、先頭打者の#岩間倫太朗(1・#立命館宇治)が初球を振り抜き3塁打を放つ。一気に好機を作り、続く#植村博斗(2・#立命館宇治)の適時2塁打で1点を返した。そして#三木勇人(2・#神港学園)の安打など、さらに1点を追加する。その後連打を浴び6点目を奪われるも、このままでは終われないと8回表に一死一、二塁の好機の場面で#角井翔一朗(2・#智辯和歌山)がゴロを打ち、相手のミスも重なりその間に1点を返した。なおも得点圏にランナーを置き続く#加藤優翔(2・#中京大中京)が粘りの末に適時打を放ち、4点目を獲得した。
2点差まで詰め寄ったものの最後は力尽き、手痛い黒星を喫した。


反撃の口火を切る適時二塁打を放ちチャンスをものにした植村(2・立命館宇治)。

2023年4月16日(日)
前期チャレンジリーグ 対 京都大学 

  R H E
京都大学
立命館大学 5 11

京)廣納●、松尾、田中-南
立)吉田光○、小野-長谷川

快勝し勢いに乗りたい前期チャレンジリーグ初戦。
初回、初先発の#吉田光太朗(2・#大分舞鶴)が安打や盗塁を許し先制点を献上するが、最小失点で抑え乗り切る。
その裏、一死一塁の場面で本日主将を務める#田中隼人(2・#報徳学園)、続く#角井翔一朗(2・#智辯和歌山)の連打で試合をすぐさま振り出しに戻す。
2回、四球と#長谷川督馬(2・#立命館)の安打で満塁とし、初出場の#岩間倫太朗(1・#立命館宇治)に打席が回る。見事に適時打を放ち、1点を獲得する。
一挙に4点を追加した3回も、#川端一正(1・#初芝橋本)などの連打で相手を突き放す。
勢いはそのままに5回、二死満塁の場面で打席に立った角井が4番の仕事を果たす適時打を放つと、続く川端の適時二塁打で11点目を獲得、初戦は5回コールド勝ちの大勝を飾った。

4番の仕事を果たし、猛打賞の活躍をみせた角井(2・智辯和歌山)