関西学生野球連盟リーグ戦

2022年10月23日(日)
秋季リーグ戦 第8節 対 同志社大学 2回戦

  R H E
同志社大学
立命館大学 11

同)小倉、髙木、東山○、真野、髙橋-星加
立)谷脇●、藤尾、京極、藤本竜、高塚、長屋-星子、浅野彰

最終節、勝ち点を挙げるために負けられない一戦。
初回に1点を先制されるも、2回裏に二死から大崎(3・報徳学園)が四球で出塁し、
続く竹内(2・創志学園)の安打で一三塁のチャンスを作る。
その後星子(3・福岡大大濠)のショートゴロエラーの間に1点を獲得、試合を振り出しに戻す。
5回表、先頭打者に安打を許し、犠打とワイルドピッチで1点を失う。
8回表にも1点を追加され、迎えた8回裏。
桃谷(3・履正社)の二塁打と田中陸(2・東山)の適時打で1点を返し、1点差に詰め寄る。
なおも二死一塁の場面で代打の井上(4・立命館宇治)が意地の二塁打を放ち二三塁とすると、
続く代打の広田(4・立命館)も四球で出塁、二死満塁の場面を作る。
しかし反撃もここまでとなり、追加点を挙げることは出来なかった。
互いの意地がぶつかり合う9回も両者共に無得点。
伝統の立同戦はあと一歩及ばず、無念の惜敗となった。


2安打を放ち有終の美を飾った神先(4・智辯和歌山)

2022年10月22日(土)
秋季リーグ戦 第8節 対 同志社大学 1回戦

  R H E
立命館大学
同志社大学

立)秋山、藤本竜●-星子
同)髙橋、髙木、東山、真野、小倉○-星加

この大会をもって引退する4回生の有終の美を飾るために負けられない伝統の一戦。
初回、西村唯(3・高知)が左前安打で出塁し、暴投などで二死二塁とすると、白瀧(4・履正社)が適時打を放ち先制する。
しかしその裏、先発秋山(4・愛工大名電)が先頭打者、四番打者に安打を許し、すぐさま試合は振り出しに。
5回表、星子(3・福岡大大濠)がエラーで出塁し、秋山が犠打を決め、無死二塁とすると、
主将宮崎(4・創志学園)の左前適時打で勝ち越す。その後は暴投などで宮崎も本塁生還、この回逆転に成功する。
しかし5回裏、守備のミスが続き、再び同点に追いつかれる。
その後は9回までランナーを出すも得点には繋がらず、同点のまま9回裏を迎える。
9回裏、二死二、三塁の場面でサードに飛んだ打球が内野安打となり、サヨナラ負けを喫した。


同点打を放ち主将としてチームを勢いづけた宮崎(4・創志学園)

2022年10月16日(日)
秋季リーグ戦 第7節 対 関西大学 2回戦

  R H E
立命館大学
関西大学 ×

立)谷脇●、長屋、藤本竜-星子、浅野彰
関)鷲尾○、辰己-越川

残り4試合、全勝が優勝条件と負けられない二回戦。
両投手の好投で均衡した試合が動いたのは三回表、今日先発の谷脇(3・那賀)が自らを援護する本塁打を放ち先制する。
しかし試合中盤、長打や暴投で逆転を許してしまう。
取り返したい立命は七回に白瀧(4・履正社)が二塁打を、続く西村唯(3・高知)が右前安打を放つと、
代走藤井(3・立命館)が力走を見せホームに生還、一点差に詰め寄る。
しかし八、九回に追加点を挙げることができず、あと一歩及ばなかった。
投げては先発谷脇が六回八奪三振の力投を見せ、七、八回を長屋(2・浜松開誠館)、
藤本竜(3・社)の投手リレーで三失点に留めるも、四安打と打線が振るわず、痛い敗戦となった。

自身を援護するソロ本塁打を放った谷脇(3・那賀)

2022年10月15日(土)
秋季リーグ戦 第7節 対 関西大学 1回戦

  R H E
関西大学 11 14
立命館大学 11

関)金丸○、岩井、宮崎-越川、谷元
立)秋山、長屋、藤本竜●、高塚-星子

優勝のために勝ち点を落とせない立命は初回に打線が爆発する。
二死走者無しから田中陸(2・東山)、白瀧(4・履正社)、西村唯(3・高知)、
神先(4・智辯和歌山)の四連打で三点を獲得する。
今日先発の秋山(4・愛工大名電)は三回を九人で抑える見事な投球を見せる。
しかし、四回表に代わった長屋(2・浜松開誠館)が三点を奪われ、試合は振り出しに。
四回裏、代打の桃谷(3・履正社)が適時打を放ち、すぐさま勝ち越す。
しかし、その後代わった藤本竜(3・社)の制球の乱れと味方のミスによって五、六回で八失点を喫する。
六回裏には井上(4・立命館宇治)が左前安打を放ち好走塁を見せ、五点目を追加、
九回には代打山縣(4・倉敷商)が二塁打を放つも、反撃とはならず痛い敗戦となった。

3回を被安打1無失点と完璧な投球をみせた秋山(4・愛工大名電)

2022年9月25日(日)
秋季リーグ戦 第4節 対 京都大学 2回戦

  R H E
立命館大学
京都大学

立)谷脇○、秋山、藤本竜-星子
京)愛澤●、徳田、木村-水野、愛澤

2つ目の勝ち点獲得に向け勝利をあげたい立命館。前半は互いに1点を争う投手戦となった。
均衡が破られたのは5回表、立命の攻撃。
先頭打者井上(4・立命館宇治)が内野安打で出塁すると、続く星子(3・福岡大大濠)が犠打で塁を進める。
そして北村涼(3・龍谷大平安)のショートゴロの間に1点を先制した。
6回裏には連打を浴び得点圏にランナーを置かれる場面もあったが、本塁タッチアウトによりピンチを乗り切る。
その後さらに勢いづいた立命は7回表、田中陸(2・東山)の安打、星子の適時三塁打、
北村涼の犠飛で2点を追加し、勝利を決定づけた。
投げては谷脇(3・那賀)、秋山(4・愛工大名電)、藤本竜(3・社)の無失点リレーで京大打線を封じ、2連勝へと導いた。

2打点を挙げチームに勝利をもたらした北村涼(3・龍谷大平安)

2022年9月24日(土)
秋季リーグ戦 第4節 対 京都大学 1回戦

  10 R H E
京都大学
立命館大学 1× 10

京)水江、徳田、水口、牧野●-愛澤
立)長屋、秋山、藤本竜、京極○-星子

前節に続いて勝ち点を獲得するために落とせない一回戦。
先発長屋(2・浜松開誠館)が相手に二塁を踏ませないなど、4回まで両投手の好投が続き、スコアボードにはゼロが並ぶ。
試合が動いたのは5回表。エラーで先頭を出すと、8番打者に適時打を放たれ、先制される。
6回表には今季初登板の秋山(4・愛工大名電)が先頭を出すも後続を切り、三者凡退で後半の流れを引き寄せた。
7回表からは藤本竜(3・社)が完璧な投球を見せ、追加点を許さない。
反撃したい立命は7回裏、竹内(2・創志学園)が安打で出塁するなど、一死満塁とすると、
北村涼(3・龍谷大平安)の犠牲フライで同点に追いつく。
しかし8、9回と大きなチャンスを作るも、勝ち越すことはできず、タイブレークへ突入する。
10回表、この回から登板した京極(2・石見智翠館)が相手打線を封じ、チームを勢い付けるとその裏、
一死 一・三塁で白瀧(4・履正社)が右翼手の頭上を越えるサヨナラ打を放ち、見事勝利を収めた。

サヨナラ打を放った白瀧(4・履正社)

2022年9月18日(日)
秋季リーグ戦 第3節 対 関西学院大学 2回戦

  R H E
立命館大学
関西学院大学

立)谷脇○、荒井、藤本竜-星子
学)執行●、坂本安、鈴木也-佐藤海

今季初の勝ち点獲得に向け、連勝したい立命は、3回表、広田(4・立命館)が内野安打で出塁すると、
桃谷(3・履正社)が中越二点本塁打を放ち、先制する。
追加点が欲しい6回表、桃谷の投手強襲の内野安打、
白瀧(4・履正社)の左前安打でチャンスを作り、大崎(3・報徳学園)の犠飛で一点を追加する。
投げては、先発谷脇(3・那賀)、荒井(2・立命館宇治)、藤本竜(3・社)の継投で関学打線を2点に抑え、
勝ち点奪取に成功した。
なお、谷脇はこの白星がリーグ戦初勝利となった。

二点本塁打を放ち、勝利の立役者となった桃谷(3・履正社)

2022年9月17日(土)
秋季リーグ戦 第3節 対 関西学院大学 1回戦

  R H E
関西学院大学
立命館大学 × 10

学)西、鈴木●-佐藤
立)長屋○、藤本竜-星子

秋季リーグ戦で一勝をあげたい立命は初回、先発長屋(2・浜松開誠館)が先頭打者に長打を浴び一点を献上する。
しかし2回裏、相手投手の制球が乱れと北村涼(3・龍谷大平安)の安打で満塁とすると、
西村唯(3・高知)が適時打を放ち逆転する。
5回裏、白瀧(4・履正社)が甘く入ったボールを完璧に捉えソロ本塁打で一点を追加する。
6回表にはさらに一点を追加されるも、その裏、星子(3・福岡大大濠)が相手のエラーで出塁すると、
西村唯が勝ち越し打となる適時打を放ち、4-3とリードする。
その後は代わった藤本竜が試合を完璧に締め、この接戦をものにした。

三安打三打点の活躍でチームを勝利に導いた西村唯(3・高知)

2022年9月4日(日)
秋季リーグ戦 第1節 対 近畿大学 2回戦

  10 R H E
立命館大学
近畿大学 2×

立)谷脇、藤本竜、荒井●-星子
近)小寺、野口、一文字、森本、寺沢○-黒川、木森、大杉

春の雪辱を晴らし勝ち点を獲得するために負けられない2回戦。
初回広田(4・立命館)が二塁打で出塁すると、相手の暴投で幸先良く一点を先制する。
その後も2,3,4回と西村唯(3・高知)や桃谷(3・履正社)の安打などにより毎回走者を出すものの得点には至らない。
投げては先発の谷脇(3・那賀)が相手打線を5回まで2安打に抑える好投を見せ、1点リードのまま試合は後半へ。
6回表二死から桃谷、白瀧(4・履正社)、西村唯が安打と四球で満塁の好機を作る。
勝負の場面を任された代打竹内(2・創志学園)だったが、一本が出ずこの回も得点するとこができない。
そしてその裏ついに均衡が破られた。内野手の失策により先頭打者の出塁を許すと、痛恨の適時打を浴び同点とされる。
続く7回裏も谷脇がピンチを招くが、代わった藤本(3・社)が完璧な救援で追加点を許さない。
9回まで両チーム走者は出すものの得点は入らず、試合は1-1のままタイブレークへと突入した。
先攻の立命館は満塁から代打田中陸(2・東山)の打球が相手のミスを誘い1点を獲得する。
しかしその裏9回からマウンドに上がっていた荒井(2・立命館宇治)が2本の適時打を浴び、サヨナラ負け。
第1節の勝ち点を落とし、春同様厳しいスタートとなった。

攻守共に活躍し、試合のキーマンとなった桃谷(3・履正社)

2022年9月3日(土)
秋季リーグ戦 第1節 対 近畿大学 1回戦

  R H E
近畿大学 13
立命館大学 11

近)久保、矢田○、一文字、森本-黒川
立)長屋、藤本竜、荒井●、京極-星子

開幕戦を快勝し勢い付けたい立命館。
1回裏、3番桃谷(3・履正社)が四球を選び出塁すると、
続く白瀧(4・履正社)も左前安打を放ち二死一二塁の場面を作ると、相手のエラーで先制する。
しかしその裏、今日先発の長屋(2・浜松開誠館)が相手打線に捕まり3点を奪われる。
反撃したい立命は3回裏、1番宮崎(4・創志学園)、2番広田(4・立命館)、3番桃谷の連続安打で1点を追加する。
4回裏には星子(3・福岡大大濠)のレフトオーバーの痛烈な安打でさらに1点を追加する。
5回表、代わったピッチャー荒井(2・立命館宇治)が安打を浴び、追加点を奪われるも、
続く6.7回は無失点に抑え、味方の反撃を待つ。
しかし8回表に継投した京極(2・石見智翠館)も1点を奪われ、6-4で9回裏に突入する。
9回裏、代打の山縣(4・倉敷商業)が値千金の三塁打を放ち、無死三塁の好機を作る。
すると同じく代打で打席を迎えた北村涼(3・龍谷大平安)のセンターへの犠牲フライにより1点を追加し、差を1点に縮める。
その後続く桃谷も安打を放つが、反撃もここまでとなり、開幕1戦目は無念の惜敗となった。

5打数3安打の活躍で主将としての意地を見せた宮崎(4・創志学園)

2022年5月22日(日)
春季リーグ戦 第8節 対 同志社大学 2回戦

  R H E
同志社大学
立命館大学 ×

同)東山、髙木、橋本、小倉●、真野-星加
立)長屋○、荒井-浅野

勝ち点獲得へ向けた伝統の立同戦2回戦。
初回先頭神先(4・智辯和歌山)が四球で出塁し、得点圏まで進むも得点はならない。
2回、3回も得点圏まで走者を進めるがあと一本が出ず先制することができない。
5回には先頭の浅野(2・立命館宇治)が内野安打で出塁し、
二死二塁から宮崎(4・創志学園)が右安打を放つも相手の攻守に阻まれる。
一方先発長屋(2・浜松開誠館)は好投を続け、8回を2安打無失点に抑える。
長屋の好投に応えたい打線は8回裏、先頭代打の山縣(4・倉敷商業)が右安打で出塁すると、
一死二塁から宮崎が打った瞬間それと分かる完璧な本塁打を放ち均衡を破った。
勢いそのまま最終回代わってマウンドに上がった荒井(2・立命館宇治)が相手打線を3人で打ち取り、
最終節で意地を見せ今季初の勝ち点を獲得した。

完璧な一発で今季最終戦を勝利で締め括った宮崎(4・創志学園)

2022年5月21日(土)
春季リーグ戦 第8節 対 同志社大学 1回戦

  R H E
立命館大学
同志社大学

立)秋山○-浅野
同)髙橋●、真野-星加

絶対に負けられない、伝統の立同戦。
立命打線は1回表、先頭の神先(4・智辯和歌山)が二塁打を放ち、
その後3塁まで進むものの後続が打ち取られ得点することはできない。
しかし3回表、先頭の浅野(2・立命館宇治)が安打で出塁すると、
続く先発の秋山(4・愛工大名電)の犠打でさらに塁を進める。
そして2死2塁のチャンスの場面、宮崎(4・創志学園)が意地の内野安打を放ち、貴重な決勝点となる1点を獲得した。
投げては先発の秋山(4・愛工大名電)が9回完封の圧倒的な投球を見せ、チームを勝利に導いた。
両者一歩も譲らぬ緊迫した投手戦を見事制した立命。伝統の立同戦の初戦を勝利で飾った。

今季初完封勝利を挙げた秋山(4・愛工大名電)

2022年5月10日(火)
春季リーグ戦 第6節 対 京都大学 3回戦

  R H E
立命館大学
京都大学

京)水江、徳田、愛澤、牧野○ - 愛澤、水野
立)長屋、高塚、谷脇● - 加藤、浅野

勝ち点獲得のために後がない立命。
2回表、先頭の白瀧(4・履正社)が安打で出塁すると、
中野(4・神戸国際大附)も続きランナー1,3塁の場面で重盗を決め、貴重な先制点を獲得する。
しかし4回裏、先発長屋(2・浜松開誠館)が相手打線に3連打を浴び、逆転される。
7回表には相手投手の制球が乱れ満塁の場面を作るも、あと一本が出ない。
8回表無死三塁の場面、桃谷(3・履正社)の内野ゴロの間に一点を追加し、同点に追いつく。
同点のまま迎えた9回裏、この回から登板した谷脇(3・那賀)が二死まで完璧な投球をみせるも、
二死から2安打を浴び、サヨナラ負けを喫した。

チーム唯一のマルチヒットを放ち4番の意地を見せた白瀧(4・履正社)

2022年5月6日(金)
春季リーグ戦 第6節 対 京都大学 2回戦

  R H E
京都大学 10
立命館大学

京)水江○ - 愛澤
立)秋山、長屋●、谷脇、高塚、京極 - 浅野、加藤

勝ち点獲得のために絶対に負けられない京大との2回戦。
先発秋山(4・愛工大名電)が要所を締める投球で相手打線をゼロに抑える。
攻撃では初回に白瀧(4・履正社)が安打を放ち満塁の場面を作るも、相手の好投に阻まれ無得点となる。
互いに一歩も譲らない試合展開が動いたのは6回表、代わったピッチャー長屋(2・浜松開誠館)が相手打線に捕まり、
2点を先制されてしまう。
立命はその後チャンスの場面を作るも、あと一本が出ず得点することができない。
9回表には京極(2・石見智翠館)が相手打線を抑えきれず得点を許してしまう。
後がない立命は9回裏、先頭打者西村唯(3・高知)、広田(4・立命館)が安打で出塁し、
一 二塁の場面を作るも、ここでも相手の好投に阻まれ得点できず、完封勝利を献上する手痛い敗北となった。

2安打を放ちスタメン起用に応えた西村(3・高知)

2022年5月1日(日)
春季リーグ戦 第5節 対 関西大学 2回戦

  R H E
関西大学
立命館大学

関)辰巳○、金丸、茶谷 - 有馬
立)長屋●、荒井、高塚、西成 - 浅野、加藤

勝ち点獲得のために後がない立命は初回、先発長屋(2・浜松開誠館)が四球で走者を出すと、
続く安打で1点を先制されてしまう。
しかしその裏、先頭の神先(4・智弁和歌山)が安打で出塁すると、
宮崎(4・創志学園)も続き、白瀧(4・履正社)の適時打ですぐさま1点を返し試合を振り出しに戻す。
そしてその後は両投手の譲らぬピッチングで無得点が続き、試合が動いたのは5回裏。
神先、宮崎が安打で塁を進め、続く桃谷(3・履正社)が適時打を放ち、貴重な勝ち越し点を挙げる。
ところが2-1で迎えた7回表、先頭打者に安打を放たれると続く打者へも四死球が重なり、
継投した荒井(2・立命館宇治)も相手打線の勢いを止められず、この回一挙7点を取られてしまう。
その後の高塚(4・立命館慶祥)、西成(4・立命館宇治)は無失点のピッチングを見せるも攻撃の打線が繋がらず、
むなしい敗戦となった。

2安打を放ち、1番打者としてチームを牽引した神先(4・智辯和歌山)

2022年4月30日(土)
春季リーグ戦 第5節 対 関西大学 1回戦

  R H E
立命館大学
関西大学 10

立)秋山、高塚、谷脇、京極、荒井● - 浅野
関)定本、辰己、金丸、鷲尾○ - 有馬

二回表、先頭の白瀧(4・履正社)が二塁打でチャンスを作ると、浅野(2・立命館宇治)の適時打で先制する。
続く三回表も、桃谷(3・履正社)の公式戦初本塁打で一点を追加する。
しかし、三回裏に先発秋山(4・愛工大名電)が2点を返され、試合は振り出しに戻った。
四回表、大崎(3・報徳学園)の死球で走者を出すと、浅野の適時三塁打で勝ち越す。
その後はお互い0が続くが、八回表、チャンスが巡ってきたのは立命打線。
代打中野(4・神戸国際大附)が内野安打で出塁すると、藤井(3・立命館)が適時打を放ち、さらに一点を追加する。
ところが、九回裏、京極(2・石見智翠館)が先頭打者から二塁打、続く打者にも三塁打を浴び、一点を返される。
代わった荒井(2・立命館宇治)も暴投と適時打を放たれ、サヨナラ負けを喫した。

リーグ戦初出場で攻守に躍動した浅野(2・立命館)

2022年4月22日(金)
春季リーグ戦 第4節 対 京都大学 1回戦

  R H E
立命館大学
京都大学

立)秋山○、谷脇、京極- 星子
京)水江●、牧田、徳田 - 水野、愛澤

春季リーグ戦で一勝目をあげたい立命。
三回表、相手のミスで満塁のチャンスが生まれるも、あと一本が出ず、得点とはならない。
四回裏、先発秋山(4・愛工大名電)が先頭打者から二塁打を浴び暴投も絡み、一点を先制される。
五回表、宮崎(4・創志学園)が内野安打で出塁すると、ここから打線が繋がり、
白瀧(4・履正社)が適時打、竹内(2・創志学園)が適時二塁打を放ち、すぐさま逆転する。
その後は代わった谷脇(3・那賀)、京極(2・石見智翠館)も要所を締める投球で相手打線を1失点に抑え、
一勝目となる勝利を収めた。

チームに初勝利をもたらす逆転打を放った竹内(2・創志学園)

2022年4月17日(日)
春季リーグ戦 第3節 対 関西学院大学 2回戦

  R H E
関西学院大学
立命館大学

学)執行○ - 佐藤海
立)長屋、谷脇●、荒井- 星子

今節勝ち点獲得のために絶対に負けられない一戦。
初回、二死から桃谷(3・履正社)が内野安打で出塁するも続く打者が相手投手に抑えられ、得点には繋がらない。
7回にも桃谷が左中間に二塁打を放ち先制のチャンスを作るがあと一本が出ない。
投げては先発長屋(2・浜松開誠館)が8回をゼロに抑える完璧な投球を見せるも、
代わった谷脇(3・那賀)、荒井(2・立命館宇治)が相手を抑え切ることが出来ず、9回に4点を奪われる。
その裏も立命は相手投手の好投で三者凡退に抑えられ、二連敗を喫した。

8回無失点の好投で試合を作った長屋(2・浜松開誠館)

2022年4月16日(土)
春季リーグ戦 第3節 対 関西学院大学 1回戦

  R H E
立命館大学
関西学院大学

立)秋山● - 星子
学)西、鈴木也○ - 佐藤海

第1節で勝ち点を落とし後がない立命館大学は初回、二死から桃谷(3・履正社)、
白瀧(4・履正社)の連打で先制のチャンスを作るも相手の好守に阻まれ得点とはならない。
一方先発秋山(4・愛工大名電)は前回登板同様、相手打線を寄せ付けない圧巻の投球を見せる。
秋山の好投に応えたい打線は5回に星子(3・福岡大大濠)、
6回に白瀧、7回に大崎(3・報徳学園)がそれぞれヒットで出塁するもあと一本がでない。
両者無得点で迎えた最終9回、二死から星子が出塁するも得点ならず、
その裏最後は秋山が力尽き今季2度目のサヨナラ負けを喫した。

相手打線を寄せ付けない圧巻の投球を見せた秋山(4・愛工大名電)

2022年4月3日(日)
春季リーグ戦 第1節 対 近畿大学 2回戦

  R H E
近畿大学
立命館大学

近)大石○-西川、大杉
立)長屋、谷脇、高塚●、京極-星子

勝ち点獲得に向け絶対に負けられない第2回戦。
試合は昨日と同様白熱した投手戦となった。
先発長屋(2・浜松開誠館)が初回に自己最速を叩き出し、圧巻の投球で相手打線に得点を許さない。
援護したい打線は5回、先頭の白瀧(4・履正社)がヒットで出塁すると、
大崎(3・報徳学園)にもヒットがうまれ得点圏に走者を進めるも、後続が打ち取られ先制することができない。
継投にうつり7回を谷脇(3・那賀)が三者凡退に抑えるも、8回に高塚(4・立命館慶祥)が痛恨の失点を許す。
最終回、代わった京極(2・石見智翠館)が安定した投球でリズムを作るも、
打線の追い上げは及ばず、勝ち点を逃す苦しいスタートとなった。

自己最速を叩き出し圧巻の投球を見せた長屋(2・浜松開誠館)

2022年4月2日(土)
春季リーグ戦 第1節 対 近畿大学 1回戦

  10 R H E
立命館大学
近畿大学

立)秋山、荒井●-星子
近)久保、一文字○-西川、大杉

新チームでのリーグ戦初戦を勝利で飾りたい立命館。
1回表、桃谷(3・履正社)がフェンス直撃の二塁打を放つも、後が続かず0点に抑えられる。
3回表には宮崎(4・創志学園)が右中間に二塁打を放ちチャンスを作るも、あと一本が出ない。
先発の秋山(4・愛工大名電)は完璧な投球を見せ、9回を投げ切ったが、
味方の援護がなく、両者譲らないまま、延長タイブレークに突入する。
10回表、大崎(3・報徳学園)がフェンス直撃の適時二塁打で貴重な先制点を挙げる。
しかしその裏、この回から代わった荒井(2・立命館宇治)がサヨナラの適時打を浴び、春季リーグは敗戦スタートとなった。

9回を0に抑える完璧な投球を見せた秋山(4・愛工大名電)