4回生引退企画

辰己 涼介 (社・外野手、主将)
 完全燃焼~楽しめ~を体現した史上最強の主将


Q1-4年間の思い出
 毎年毎シーズンの立同戦

Q2-引退した今の気持ち
 まだ実感湧いてない

Q3-後輩たちへメッセージ 
 悔いのないよう仲良く頑張ってほしい。


芳賀 颯之介 (京都学園・主務)
 誰からも慕われ、誰からも愛された主務


Q1-4年間の思い出
 全国に行けてよかった

Q2-引退した今の気持ち
 次のステージに向けて頑張ります。

Q3-後輩たちへメッセージ
 フレーフレー私


河野 葉月 (京都外大西・会計)
 京都の山奥柊野を河野色に彩った会計


Q1-4年間の思い出
 2回生の秋リーグ戦を出禁になったり、ブルゾン葉月をしたり、小橋君に口説かれたり、安井君が最後の立同戦で3ランホームランを打ったり(見逃した)と思い出は語りつくせないほどあります。ですが、1番の思い出は4回生の春季リーグ戦の優勝を甲子園で決めたことです。TOEICすっぽかしてよかったです。

Q2-引退した今の気持ち
 4年間ってあっという間だなって感じです。最後の立同戦で3戦目をすることが決まったとき、早く引退したいって口では言っていました。けど、本当はまだみんなが試合している姿を見られることが嬉しかったです。いつも生意気なことを言ったり、ふざけたりと全然働かないマネージャーでしたが、みんな仲良くしてくれてありがとう。野球部に入って本当に良かったです。

Q3-後輩たちへメッセージ
 4年間は長いようで短いです。大学生活の毎日が練習ばっかりでサボりたくなる日もあります。努力しても報われないこともあると思います。なので、そんなときは頑張らなくていいと思います。ですが、ただ手を抜くんじゃなくて、野球以外に自分のやりたいことや打ち込めるものを見つけてほしいです。野球がすべてじゃないので、せっかくの4年間を無駄にはしてほしくないです。それと、野球部に入ったことを後悔だけはしてほしくないです。どんなことがあっても、引退するときには野球部でよかったと思ってほしいです。かわいい後輩たちに囲まれて河野は幸せでした。これからも応援しています。ありがとう!


小橋 遼太郎 (立命館・投手)
 立命のピンチを幾度となく救ってきた火消し人


Q1-4年間の思い出
 4年春に、高校では行けなかった甲子園で優勝を決められこと。

Q2-引退した今の気持ち
 まだあまり実感はないですが、4年間レベルの高いピッチャー陣に囲まれて楽しかったです。次は社会人でお世話になった先輩や後輩たちと対戦して抑えたいです。

Q3-後輩たちへメッセージ
 やっぱり勝たなおもんない。春も秋もみんなで野球やって、笑って終わってください。


山上 大輔 (立命館宇治・投手)
 投手陣の兄貴分で持前の安定感を誇るチームの絶対的エース


Q1―4年間の思い出
 4回生の春のリーグ戦で優勝した事が一番の思い出

Q2-引退した今の気持ち
 4年間やりきったという気持ちともう少しこのチームでやりたかったという気持ち

Q3-後輩へメッセージ
 悔いのないように日本一目指して頑張ってください。色々とお世話になりました。ありがとうございました。


中本 貴大 (敦賀気比・内野手、副主将)
 堅実な守備や、小技、ベンチワークでチームを支えた副主将


Q1-4年間の思い出
 自分達の代でリーグ優勝出来たこと。

Q2-引退した今の気持ち
 秋優勝出来なかった悔しさと後輩への期待。

Q3-後輩へメッセージ
 自分に甘くならず野球に取り組み常勝軍団を作り上げて欲しいです。全国制覇期待してます。


奈良 龍之介 (市立川越・内野手)
 春4番でチームの優勝に貢献したバットマン


Q1-4年間の思い出
 4年生の春甲子園で近大に勝って優勝を決めたこと

Q2―引退した今の気持ち
 怪我も多くやりきれなかった思いがある

Q3-後輩たちへメッセージ
 悔いの残らないよう1日1日を大切に


萱原 浩樹 (立命館・外野手)
 チームバッティングに徹したいぶし銀


Q1-4年間の思い出
 4年間は正直辛いことの方が多かった。2回生までオープン戦にも出れず、3回生でようやくメンバーに入って試合に出れたと思ったら自分のミスで試合を潰してしまった。4回生になってまたメンバーに入れてもらえたが、結果を残せずチームに貢献することができなかった。でも、4回生秋の最後の立同戦で、残った4回生と後輩たちと、一緒に試合を楽しめたことが本当に嬉しくて、最後まで野球を続けて良かったと心から感じた。

Q2-引退した今の気持ち
 正直あまり実感は湧いてないが、ほぼ毎日野球をしていたので違和感があり、寂しい気持ちと少しホッとした気持ちもある。

Q3-後輩たちへメッセージ
 来年は、春・秋どちらも優勝してチームの目標である全国制覇を達成してほしい。そして、最後に自分が後悔することなく引退できるように全力で頑張ってほしい。


安井 智哉 (立命館・内野手)
 最後に努力の花を咲かせたアーチスト


Q1-4年間の思い出
 立同戦でのホームラン

Q2-引退した今の気持ち
 野球を通して様々な方々と出会うことができ、本当に感謝の思いでいっぱいです。14年間野球を続けて良かったです。完全燃焼できました!

Q3-後輩たちへメッセージ
 後輩のみんなに支えられてここまで野球を続けられることができました。みんなと過ごした日々はかけがえのない宝物です。みんなと出会えて良かったです。本当にありがとう!


黒田 達也 (神戸国際大附・投手)
 大怪我にも負けず復帰を目指し続けた影のエース


Q1-4年間の思い出
 近大戦でのあの一球

Q2-引退した今の気持ち
 もう一度大学野球がしたい

Q3-後輩たちへメッセージ
 怪我なく、最後まで、みんなで、頑張れ。


佐治 直哉 (大手前高松・投手)
 故障に泣いた逸材左腕


Q1-4年間の思い出
 ケガで苦しんだ4年間だったが、最後まで野球を続けてよかったと思う。

Q2-引退した今の気持ち
 もっと活躍したかった

Q3-後輩たちへメッセージ
 ケガをしないように、野球を頑張ってほしい。野球を通じて多くのことを学んでほしい。


村井 崚 (立命館宇治・外野手)
 打撃投手など、練習の補助を率先してできる先輩


Q1-4年間の思い出
 最後に立同戦に出られたこと、安井がホームランを打ったこと

Q2-引退した今の気持ち
 嫌なことばっかりだったけど、最後まで続けてよかったかなと思いました。野球はあんまり向いていないと気付きました。

Q3-後輩たちへメッセージ
 無駄な雑用とか、当番とか、無駄な伝統はちゃっちゃと無くしてください。桜の花びらは拾わなくても野球に支障はでません。ボールはみんなで集めたらはやいです。効率よく練習して、優勝目指して頑張ってください!


森川 快刀 (帯広三条・投手)
 立同戦で躍動した立命のサブマリン


Q1-4年間の思い出
 思い通りのピッチングができなくて悔しい思いでいましたが、最後までやりきろうと思い頑張ることができました。これも多くの仲間のおかげだと感じています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

Q2-引退した今の気持ち
 僕にとっては野球が生活の中心であったので、これから野球をすることがなくなると思うと寂しい気持ちにもなります。最後まで自分らしく野球に取り組めたことに後悔はなく、ここまでやってきて本当に良かったと思っています。

Q3-後輩たちへメッセージ
 それぞれ色々な思いをもって野球に取り組んでいると思いますが、大事なのは、終わってみて何が自分に残るのかだと思います。一人一人にあった将来を見据えて、日々野球に取り組んでもらいたいです。みなさんの活躍を心から期待しています。